【Fire TV Stickレビュー】実際に使って分かったメリット・デメリット

【Fire TV Stickレビュー】実際に使って分かったメリット・デメリット


「Fire TV Stickの良い点と悪い点、両方を知りたい!」

Fire TV Stickの購入を検討している方は、このようにお思いだと思います。

そのため今回は、実際にFire TV Stickを使っているわたしが、Fire TV Stickのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

そもそもFire TV Stickとは?

fire tv stick

まずはFire TV Stickの概要について説明します。

Fire TV Stick(ファイヤー ティービー スティック)とは、動画をテレビに映すことができる機器です。

「YouTube」や「Amazonプライム・ビデオ」などを大画面で楽しめます!

Fire TV Stickの販売元・製造元は「Amazon」。
AmazonのCMで、Fire TV Stickの存在を知った方も多いと思います。

Fire TV Stickの基本情報

Fire TV Stickの基本情報は以下のとおりです。

発売年 2016年
価格 4,980円
解像度 フルHD
(最大1080p、最大60fps)
プロセッサ クアッドコア1.3GHz
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
リモコン Alexa対応音声認識リモコン
(Bluetooth接続、赤外線(IR)送信)
保証 購入から90日間

サイズ ・85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm(Fire TV Stick)
・37 mm x 142 mm x 16 mm(リモコン)  
重量 ・32.0g(Fire TV Stick)
・43.4g(リモコン)
GPU Mali450 MP4
Wi-Fi

デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO); 802.11a/b/g/n/ac対応。5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応

Bluetooth Bluetooth 4.1 + LE
音声検索 同梱のAlexa対応音声認識リモコンまたは、無料のFire TVリモコンアプリで対応 (Fire OS、Android OS、iOSで利用可能)
IR対応AV機器操作 同梱のAlexa対応音声認識リモコンで、IR対応のテレビ、サウンドバー、AVアンプ操作が可能。(商品によっては対応していない場合があります)
クラウドストレージ Amazon のコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
入出力端子 1 タイプA HDMI 1.4b出力、HDCP 1.4、1 Micro USB(電源用)
フォーマット ビデオ: H.264 1080p30 H.265 1080p30。オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis。写真: JPEG、PNG、GIF、BMP
Dolby Audio Dolby Audio、5.1chサラウンド対応、2chステレオ、最大7.1chのHDMIオーディオパススルー
対応テレビ HDMI端子対応HDテレビ、60/50Hz、1080pまたは720pに対応したHDMIケーブル、日立、JVC、LG、三菱、NEC、パナソニック、フィリップス、パイオニア、サムソン、シャープ、ソニー、東芝等のHDCP対応モデル含む
地域 特定のサービスは日本国外で適用外の場合があります

価格は4,980円

Fire TV Stickの料金は4,980円
ほかの機器(ストリーミングデバイス)と比べてもお手頃の価格です。

Fire TV Stick 4,980円
Fire TV Stick 4K 6,980円
Google Chromecast 5,073円
Google Chromecast ultra 9,900円
Apple TV 4K(32GB) 21,770円

※R2.6.7現在の情報です

なお、ほかの製品と比べて安いからといって、普通にテレビで動画を楽しむ分には問題ないのでご安心ください。

Fire TV Stickには何が同封されている?

Fire TV Stickには、以下の商品が梱包されています。

firetvstickの中身
Fire TV Stickの中身
  1. Alexa対応音声認識リモコン
  2. Fire TV Stick 本体
  3. USBケーブル
  4. HDMI延長ケーブル
  5. 単四電池2個
  6. 電源アダプタ
  7. 説明書

Fire TV Stickを使うためには何が必要?

Fire TV Stickを使うためには、以下の3つの環境が必要です。

Fire TV Stickを使うために必要な環境
  • インターネット回線
  • Wi-Fi接続
  • HDMI端子対応のテレビ

Wi-Fi接続ができない場合は、別途「Amazon イーサネットアダプタ」の購入が必要です。

ちなみに、Fire TV Stick本体のHDMI端子は以下のようになります。

Fire TV Stick本体のHDMI端子

それでは次は、実際にFire TV Stickを使ってみて感じたメリットをお伝えします。

Fire TV Stickのメリット5つ

Fire TV Stickのメリットは以下の5つです。

Fire TV Stickのメリット5つ
  1. YouTubeや動画配信サービスをテレビで楽しめる!
  2. セットアップが超カンタン!
  3. ブラウザアプリを取得すれば、ネットサーフィンも可能!
  4. 本体はコンパクトなので手軽に持ち運びができる
  5. 音声認識で観たい動画をらくらく探せる

それぞれご説明していきますね。

【メリット1】YouTubeや動画配信サービスをテレビで楽しめる!

Fire TV Stickの大きな特徴が「動画をテレビで観ることができる」ということ。

普段、スマホやパソコンで動画を観ている方には、本当にFire TV Stickをオススメしたいです!

テレビでの視聴は、やはり画面が大きい分迫力が違いますし、何より目にやさしい(笑)。

一度体験したら、テレビで動画を観るのがやみつきになると思います。

ぼくはこれまでスマホで動画を観る派でしたが、Fire TV Stickを買ってからはほとんどテレビで視聴するようになりました!

ちなみに、Fire TV Stickで動画をテレビに再生するためには、まずはFire TV Stick内でアプリをインストールする必要があります。

たとえば、YouTubeが観たいなら「YouTubeアプリ」を、U-NEXTがみたかったら「U-NEXTアプリ」をインストールします。

firetvstickのアプリ

ただし、Fire TV Stickに対応しているアプリは限られています。

ほんの一例ですが、Fire TV Stickが対応しているアプリは以下のとおりです。

【例】Fire TV Stickに対応しているアプリ
  • YouTube
  • Prime Video
  • U-NEXT
  • Hulu
  • ABEMA
  • dTV
  • dアニメストア
  • Disney THEATER
  • DAZN
  • GYAO!
  • TVer
  • FOD
  • Paravi
  • バンダイチャンネル

主要な動画配信サービスのアプリは、ひと通り対応しています。

【メリット2】セットアップが超カンタン!

Fire TV Stickのセットアップは超カンタンです。

Fire TV Stick本体をテレビのHDMI端子に差し込み、電源アダプタをコンセントにつなぐだけ。

firetvstickのセットアップ

あとは画面に従って、必要事項をリモコンで入力するだけです。

おそらく5〜10分もあれば、テレビで動画を見始めることができると思いますよ。

なお、Fire TV Stick を使うためには、Amazonアカウント(無料※)を作る必要があります(※プライム会員に入会する場合は有料)。

Amazonアカウントを持っていない方は、ちょっとだけ登録の手間がかかると思います。

【メリット3】ブラウザアプリを取得すれば、ネットサーフィンも可能!

「Fire TV Stickは動画をテレビに映すだけの機器」というイメージがあるかもしれません。

しかしFire TV Stickは、動画をテレビに映す以外にも、さまざまな機能が備わっています。

そのひとつが、ブラウザアプリを使ってネットサーフィンができるということ。

たとえば「Firefox」もしくは「Silk」のブラウザアプリをインストールすれば、ネットサーフィンができるのです。

もはやFire TV Stickは、スマホやパソコンに近い機器かもしれませんね。

とはいえ、やはりブラウザでの操作性はスマホやパソコンに劣ります。

【メリット4】本体はコンパクトなので手軽に持ち運びができる

外出先でFire TV Stickを使うためには、家でFire TV Stickを使うときと同様、以下の3点が必要になります。

firetvstickをtvで使うために必要な3点
  1. Fire TV Stickの本体
  2. 電源アダプタ
  3. USBケーブル

※上記3点に加え、同封されているHDMI延長ケーブルも、念のため持っていった方がいいです

すべてコンパクトなので、手軽に持ち運びができますよ。

▼なお、Fire TV Stick本体の大きさは、横幅約9cm・縦幅約3cm。てのひらにスッポリと収まります。

firetvstickのサイズ

電源アダプタとUSBケーブルも、さほど大きくないので持ち運びにジャマになることはほとんどないと思います。

【メリット5】音声認識でらくらく観たい動画を探せる

Fire TV Stickには、Alexa対応音声認識リモコンが付属されています。

音声認識ボタンを押しながら「〇〇(作品名)」と言うと、数秒で観たい作品をみつけてくれる優れもの。

firetvstickの音声認識ボタン

この音声認識がとても便利なんです。

検索画面でリモコンを使って作品名をポチポチ打つこともできますが、これが結構面倒…

音声認識だと、手動で検索するよりもはるかに早く作品をみつけることができます。

ただし、音声認識をフル活用できるのは「Amazonプライム・ビデオ」を契約している方です。その点につきましては、後ほど詳しくお伝えします。

また、音声認識の機能は、動画の検索だけじゃありません。

動画の一時停止や巻き戻し、早送りも声による指示が可能。

そのほか、自宅周辺の天気なども調べることができるのです。

Fire TV Stickのデメリット2つ

Fire TV Stickはとても気に入っている製品ですが、使ってみてデメリットも感じています。

具体的にいうと、以下の2点です。

Fire TV Stickのデメリット2つ
  1. 音声認識は特定のアプリでしか使用できない
  2. Wi-Fi接続ができない場合は、別途アダプタの購入が必要

それぞれ説明していきます。

【デメリット1】音声認識は特定のアプリでしか使用できない

先ほど、Fire TV Stickの音声認識はとても便利といいました。

しかし、音声認識に対応しているアプリは決まっていて、そのほとんどがAmazon関連です。

たとえば、「Amazonプライム・ビデオ」のアプリ内で観たい作品を音声認識したら、作品がズラっと一覧で出てきます。

firetvstickでの検索

しかし、「dアニメストア」のアプリ内で観たい作品名を音声認識しても、表示されませんでした。

なぜか、Amazonプライム・ビデオの作品が表示されるのです。

Amazonプライム・ビデオを契約している方は音声認識機能をフル活用できますが、Amazon社以外のアプリの場合は有効に使えないケースがあります。

Fire TV StickはAmazonが販売・製造しているため、Amazon関連のアプリに最適化しているのだと思います。

【デメリット2】Wi-Fi接続ができない場合は、別途アダプタの購入が必要

先ほどもお伝えしましたが、Fire TV Stickで動画をテレビでみるためにはWi-Fi接続が必要です

しかし、「Wi-Fiルーターがない…」という方もいると思います

その場合は有線接続もできるのですが、「Amazon イーサネットアダプタ」を購入する必要があるのです。

Wi-Fi接続ができない場合は、Fire TV Stick本体以外にもお金がかかるのです…。

Fire TV Stickの購入場所

Fire TV Stickは「ネット」もしくは「店頭」にて購入することができます。

Fire TV Stickの購入場所
  • ネット
    販売元でもあるAmazonがオススメ。Amazon以外のサイトでも購入できますが、少し価格が高くなっているケースがあります。
  • 店頭
    以下の店舗がAmazonデバイスの正規小売店です。

【Amazonデバイス正規小売店】
・エディオン
・ケーズホールディングス
・コジマ
・上新電機
・ノジマ
・ビックカメラ
・ドン・キホーテ

※公式サイトより

小売店で購入する際は、取り扱いしていない製品や在庫がない場合もあるため、事前に問合せをしてみることをオススメします。

Fire TV Stickで動画を思いっきり楽しもう!

今回はFire TV Stickのメリット、デメリットを中心にお伝えしました。

これまでスマホやパソコンで動画を視聴していた方は、Fire TV Stickを購入すればもっと動画を楽しむことができるようになるはずです!

ぜひ、テレビで動画を観たい方は、Fire TV Stickを検討してみてください。

それでは今回は以上となります。

この記事が参考になりましたら幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!